スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大英博物館

ロンドンでは、宿泊したホテルが大英博物館の
すぐそばだったので、まず大英博物館に行きました。

私は、あまり博物館とか美術館でじっと鑑賞するということが
できないお子様なので、当初そんなに乗り気ではなかったのですが
行ってみたら大興奮!!!
時間が経つのを忘れて見入ってしまいました�L������
188.jpg
こちらが大英博物館をはいってすぐのエントランス。
ここで案内板をみただけで、とても広いことに驚きました。

きっと、きちんと鑑賞しようと思ったら
何日も通わないとダメなのでしょうね。

なので、今回はエジプトを中心に
自分の興味のある文明を見て回ることにしました。

こちらがエジプト展示ゾーンの入り口。
189.jpg
ロゼッタストーンがおいてありました。
これは目玉展示物みたいで、たくさんの人だかりが��
大英博物館は館内での撮影がフリーなので
みんな思い思いの角度からカメラに収めていました。
190.jpg
前々からエジプトに行きたいと思っていたんですが
やはりエリア的に少し気がひけて。

でも、エジプト文明やピラミッドにはとても興味があるので
こうしてロンドンのど真ん中で見られるのは幸せです��@�j�R
187.jpg
こちらは石版。ヒエログリフ?象形文字?も横にありました。
今から4000年以上前のエジプト人が
ここにあるものを手にとって彫ったのだと思うと、
柄にもなくロマンを感じました��
185.jpg
そしてこれは、アメリカ展示ゾーンの入り口にあるモヤイ像。
イースター島に行かないでも見られるなんて!とまた感動jumee��mark6g

それにしても、こうったものをどうやって運んだんでしょう?
ダンナ様は、大英博物館の収蔵品はイギリス軍が
戦争時に略奪してきたものが多いと言っていました。

こんなものを持って帰ろうなんて思ったことが
ある意味、スゴいです。
186.jpg
そして、こちらはおしゃれなティーサロンのような
ヨーロッパ展示ゾーンです。

ここに何気なくおいてあるものも
きっとスゴい価値があるものなんだろうなぁ。

学生時代にもっと勉強しておけば良かったと
ちょびっと後悔しました。
そしたら、もっと違った角度からも展示を楽しめたのになぁ。

大英博物館、すごく楽しかったのでぜひまた行きたいですmoe
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nuts

Author:nuts
海外移住を機にブログを
はじめました。
スイスでの毎日を少しずつ
書き綴っていけたら良いな
と思います。

※画像、文章の無断転用は
 著作権法に基づき
 堅くお断りいたします。

~レシピブログ参加中~
■ベジタブル&フルーツジュニアマイスター(野菜ソムリエ) ■コーヒーマイスター
最新記事
おすすめ旅行ツール


月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※女性限定とさせて頂いています
検索フォーム
スイスおすすめブックス
おすすめ料理ブックス
おすすめ旅行ツール







宣伝/広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。