スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルザス ストラスブールへ日帰り旅行

今朝出掛けにダンナ様が「今日は仕事が忙しそうだから
ランチに帰ってこれないし、夜も遅めかも」と

最近そんな感じの日が続いているので、思わず
「えぇぇ~そしたら、今から10時間以上誰とも話さないの!?」
と絶叫(笑)してしまいました

人と話したくなった時は散歩するか(妊婦なので知らない人が
話しかけてくれる)、デパートの化粧品売場に行くか(英語が
話せる店員さんがいる)して最近は凌いでいた(?)のですが・・・

地元すぎてそろそろ限界です

ダンナ様は「あはは~少々話さなくても大丈夫でしょ」と笑いながら
仕事に行ってしまいました・・・

「このままバーゼルでいつもと同じ一日を送ったら
ストレスがたまってしまう」と思い、急遽、
日帰りで行けそうな場所をパソコンで調べてみると

フランスのアルザス地方に、ストラスブールという
可愛い街があるのを発見しました

というわけで、行くと決めてから30分で身支度をし、
パスポート(国境を越えるので)とカメラを持って家を出ました

2302.jpg

スイス国鉄駅のフランスゲート側からストラスブールまで
1時間20分の旅です。

フランス側の駅なので、バーゼルは
フランス名の「BALE」と併記されています。

ちなみにストラスブールもフランス語読みなので
スイスでチケットを買う時はドイツ語でストラスブルク、です。

2303.jpg

車体に「ALSACE(アルザス)」と書かれていて、
ちょっとドキドキ

実は一人でヨーロッパを旅するのはこれが初めてです。

のんびり列車にゆられて「世界の車窓から」な気分でいると
あっというまにストラスブールに到着です

2304.jpg

綺麗な街~一気にテンションがあがりました。

しかし、観光ガイドなど何も持っていなかったので
とりあえずツーリストインフォメーションに行きました。

「観光用に無料の地図が欲しいんですけど・・・」と控えめに
英語で言うと「1種類だけ用意してあるの。それでいい?」と
笑顔でタウンマップをくれました。

今まで私がふれあってきたフランス人は、英語に対して
とっても拒否反応を持った人が多かったので、優しい対応にびっくり!

このあとも色々な場面で、ストラスブールの人たちは
英語でもずっと笑顔で対応してくれました。

すごく旅行しやすい街です

2305.jpg

地図を片手に街のシンボルらしい大聖堂を目指して歩いていると
長蛇の列ができたパン屋さんを発見しました。

2306.jpg

とりあえず並んで、レーズンシナモンロールと
チーズとハムをはさんだバゲットを購入。

2307.jpg

たくさんの学生さんが近くの広場でランチをとっていたので
私もそこに座って、バゲットを食べました。
さすが人気のお店だけあって、おいしかったです

レーズンシナモンロールはダンナ様へのお土産にすることに

2308.jpg

それにしても

2309.jpg

歩けば歩くほど、可愛くて素敵な街並です
中世に迷いこんだかのような感じがします。

2310.jpg

ストラスブールの中心部、シンボルである大聖堂に到着です。
大きさと荘厳さに感動です。

どこかパリのノートルダムに通じるものがありす。

一眼レフを持って行ったにもかかわらず、大きすぎて
全体像をカメラに収めることが出来ずちょっと悔しいです

2311.jpg

大聖堂の周囲にはおしゃれなカフェがたくさんありました。

2312.jpg

ストラスブールは地理的にコウノトリの休憩地だそうで、
お土産屋さんにはたくさんのコウノトリグッズが売られていました。

市の鳥として認定もされているようです

2313.jpg

大聖堂の脇の小径を入ったところにあったこちらのお店で
お昼をとることにしました。

残念ながらテラス席は満席だったので、店内席へ。

2314.jpg

でも店内もとってもいい雰囲気です

2315.jpg

せっかくなのでストラスブール名物のベックオフを注文しました。

豚肉、牛肉、羊肉の煮込みが下に、
じゃがいも、ポロネギなどの野菜類が上の2層になっていて
白ワインで煮込んであるそうです。

2316.jpg

熱々で美味しかったです

2319.jpg

食事の後は、ふたたび市街地を散策。
小さい街なので交通機関を使わずに歩いてまわれるし、
お店がすごく可愛くて楽しいので飽きません。

2317.jpg

ケーキ屋さんのショーウィンドウも、
スイスと違ってすごく美味しそうです

2318.jpg

こちらは量り売りのお菓子屋さんです。

クッキーを買おうと思って店内を見ていたら、
学校帰りの中学生が真剣にお菓子を選んでいました。

日本の駄菓子屋さん的なものでしょうか

とにかく街中すべてが可愛くて、
ヨーロッパらしい雰囲気にあふれた素敵な場所でした。

ストラスブール、またゆっくり行きたいと思います。
今度はダンナ様と(笑)



※参加しています。ポチポチッとお願いします。


レシピブログ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

※世界中のホテルを口コミランキング。



※旅行に行きたいと思ったらエイビーロード。




スポンサーサイト

テーマ : フランス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

nuts

Author:nuts
海外移住を機にブログを
はじめました。
スイスでの毎日を少しずつ
書き綴っていけたら良いな
と思います。

※画像、文章の無断転用は
 著作権法に基づき
 堅くお断りいたします。

~レシピブログ参加中~
■ベジタブル&フルーツジュニアマイスター(野菜ソムリエ) ■コーヒーマイスター
最新記事
おすすめ旅行ツール


月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※女性限定とさせて頂いています
検索フォーム
スイスおすすめブックス
おすすめ料理ブックス
おすすめ旅行ツール







宣伝/広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。