スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタ共和国旅行【3泊4日】

地中海に浮かぶ小さな島国、
マルタ共和国へ夏休みの旅行に行ってきました

EUでありながら中東的な雰囲気のある街並はとても新鮮でした。

■1日目

バーゼルからドイツ経由で5時間。
マルタ共和国に到着です

1182.jpg

地中海に囲まれているのですが、石造りの砂防の家々は
どことなくアラブ的です。

1181.jpg

首都バレッタの入り口にあるマルタ十字。

マルタ十字は、通常の十字架と違ったかたちをしています。
現在はマルタ共和国の象徴ですが、元来は騎士団のものだそうです。

1180.jpg

高台にあるアッパー・バラッカ・ガーデンからは対岸の
スリー・シティーズとよばれる街が見えます。

1179.jpg

現在はオブジェですが、きっと昔は本物だったであろう大砲。

それにしても日差しが強すぎて、意識がもうろうとします
帽子をかぶっていても、地面からの反射でまぶしいくらいです。

1177.jpg

水分補給しながら、バレッタ市内を散策。

1178.jpg

ドアノブがとっても可愛いです
どこの家も、ドアノブに意匠を凝らしていて興味深かったです。

一日目はこれで終了。

早めにホテルに帰って眠ります・・・というのも暑すぎて
体力の消耗が激しく、歩き回ると最終日まで持たない気がしたのです。

おそるべし、地中海の日差し

■2日目
1176.jpg

翌日も抜けるような青空が広がっています。

2日目は、イタリアの「青の洞窟」と同じような「青の洞門」に
観光に行くことにしました。

早朝に出ないと暑さでバテてしまう、ということで朝8時に出発。
冷房のないバスに40分ほど揺られると海を見渡せる高台に到着です。

ここから海岸まで、坂道をひたすら30分くだります。
同じバスに乗っていたヨーロピアンも汗だく。

でも私よりおなかの大きい金髪の妊婦さんが、
元気に歩いていたので勇気づけられました(笑)

1175.jpg

舟乗り場でチケットを購入し、小さい舟で洞窟に向かいます。
どきどき・・・

1174.jpg

切り立った崖。

1173.jpg

すごい青です
透明度も高いので、ずっと下の海底まで突き抜けて見えます。
ダンナ様と2人で「きれいだねぇ、すごいねぇ」と大はしゃぎ。

1172.jpg

ちょっぴりインディ・ジョーンズな気分です

20分ほど何カ所かの洞窟をまわって、もとの舟乗り場まで戻ります。

なんとこのとき舟乗り場で100人ほどの行列ができていました。
私たちは待たずにすぐ乗れたので朝一番にきて良かった・・・とホッ

青の洞門だけ見たらホテルに帰ろうと話していたのですが、偶然
タクシーを拾ったので古都メディーナへ観光に行くことにしました。

1171.jpg

メディーナ市街の入り口。

1170.jpg

すごくきれいな街並が広がります。

首都バレッタは観光地化されていて衛生的にもちょっと、でしたが
こちらのメディーナはため息が出るほどきれいな街並です

1168.jpg

そしてどことなくアラブを感じる景色。
うーん、良い感じです

1169.jpg

街の中心にある大きな教会は、内部の装飾もとても素敵でした。

しかし、やはり暑いです。
体感温度は40℃を超えています。

1167.jpg

ネコもばてばてで熟睡中

1166.jpg

ふとネコの横をみると、ドアノブが大量に売られていました。
街中のかわいいドアノブはここで手に入れられるようです

1165.jpg

せっかくメディーナまで来たので、隣接しているラバトという街も
観光しようと思ったのですが暑すぎてもう歩けず・・・。

この観光客向けのバスにのって、
ラバトの観光名所を車窓から眺めるだけにしました。

1164.jpg

結果的に大正解でした

この暑さと日差しの中を歩いて回るなんて、
とてもとても無理でした・・・。

■3日目

3日目はマルタ旅行で一番楽しみにしていた地中海クルージングです。

マルタのすぐそばにあるゴゾ島とコミノ島という2つの島を回り、
ブルー・ラグーンと言われるエメラルドグリーンの海で泳ぎます

captain morganというクルージング会社に事前に予約を
しておいたので、スムーズでした。

1163.jpg

繁華街スリーマの港から出港。

1162.jpg

きれいな景色を見ながら、どんどん大海原へすすみます。

が、船酔い客が続出
6時間近いクルージングなので酔うと相当つらそうです・・・。

酔わないためのテクニックは、
①座っているよりも、立っている方が酔いません。
②船の先頭は眺めがいいですが、揺れが大きいので後方が良いです。
③風のあたる涼しい場所にいた方が良いです。
という感じです。

あと、なぜか船長さんは「酔っているならスプライトを飲め!」と
言っていました。ミネラルウオーターはNGだそうです。

1161.jpg

幸い、ダンナ様と私は船酔いせずに元気にブルーラグーンに到着

今までにみたことがないくらい綺麗な海です。

エメラルドグリーンというか、青というか、なんというか・・・
綺麗すぎて本物じゃないみたいでした。

だれかが大量にバスクリンを入れたみたいな、そんな色です(笑)

1160.jpg

1158.jpg

1154.jpg

甲板で焼く人たち。

1159.jpg

1155.jpg

シュノーケルする人たち。

1156.jpg

私はおなかぽっこりでしたが、ぷかぷか浮かんで気持ちよかったです。
とにかく「来てよかった」の一言でした


マルタ共和国は、下水などインフラ整備はまだ発展途上中でした。
でも、だからこそ(?)の昔ながらの風景や手つかずの美しい自然にも出会えました。

ヨーロッパであって,ヨーロッパでない国。
魅力たっぷりの国でした

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

nuts

Author:nuts
海外移住を機にブログを
はじめました。
スイスでの毎日を少しずつ
書き綴っていけたら良いな
と思います。

※画像、文章の無断転用は
 著作権法に基づき
 堅くお断りいたします。

~レシピブログ参加中~
■ベジタブル&フルーツジュニアマイスター(野菜ソムリエ) ■コーヒーマイスター
最新記事
おすすめ旅行ツール


月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

※女性限定とさせて頂いています
検索フォーム
スイスおすすめブックス
おすすめ料理ブックス
おすすめ旅行ツール







宣伝/広告





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。